Dialogue for Social Justice

ソーシャル・ジャスティスに向かう対話


ソーシャルジャスティス目線で考えたり、活動している人同士がつながり、お互いの体験や気づきなどをシェアして、ざっくばらんに 気楽に 建設的に 励まし合いながら 対話を重ねていく会です。もちろん「聴くだけ」もOK!

ファシリテーターはウィコラ代表・米国NPの小谷祥子と米国ソーシャルワーカー・グリーフカウンセラーのおおばダーニエルえりこさんのふたり。対話のBrave Spaceを提供します。

次回第7回は、2023年2月18日(土)米国西海岸時間午後1時~です。米国助産師のHiroko Aoyagiさんをゲストにお迎えします。テーマは「助産師のためのソーシャルジャスティス」です。

今後の開催予定

第8回は、3月18日(土)米国西海岸時間午後1時~です。九州大学 共創学部の出石琴美さん(現在スウェーデンで留学中)をゲストにお迎えします。テーマは「学生・留学生のためのソーシャルジャスティス」の予定です。

第9回は4月15日(土)米国西海岸時間午後1時~「日本語話者として米国社会で生きていくこと」をテーマに対話予定です。

第10回は5月20日(土)米国西海岸時間午後1時~「子育て・教育者のためのソーシャルジャスティス」をテーマに対話予定です。ゲストに米国モンテソーリ教師のクイン朋子さんをお呼びする予定です。

第11回は6月17日(土)米国西海岸時間午後1時~「日本におけるソーシャルジャスティスの現状」をテーマに対話予定です。

第12回は7月15日(土)米国西海岸時間午後1時~「ソーシャルジャスティス視点のデザイン」をテーマに対話予定です。絵本についてもお話したいと思っています。ゲストにデザインと絵本に詳しいシェラット実穂さんをお迎えします。

第13回は8月19日(土)米国西海岸時間午後1時~「海外からの日本帰国者のためのソーシャルジャスティス」をテーマに対話予定です。

■第14回は(日時未定)立命館大学教員で、ジェンダー論・中東ジェンダー研究・文化人類学の専門家、鳥山純子さんをゲストにお迎えします。

参考ビデオ・書籍

対話ご参加前にぜひご覧ください/

お時間のある方は、下記をご覧になっておくと参考になります。

ソーシャル・ジャスティスの基本を知りたい方は、こちらのウィコラのミニ講座(日本語、約10分、テーマは子育てとソーシャル・ジャスティス、講師:ウィコラ代表・米国ナースプラクティショナー 小谷祥子)をご参考にされてください。

ミニ講座で紹介された現在の権力の構図周縁を中心にした社会づくり」はこちらからダウンロードいただけます

●「医療者とヘルスケアワーカーのためのソーシャルジャスティス」(日本語、約30分、講師:ウィコラ代表・米国ナースプラクティショナー 小谷祥子

「Social Justice Parenting」

Traci Baxly さんの(英語・特に第3章だけでもお薦めします)またはTEDトーク(英語、約15分)

●社会の不公正を象徴的に表したわかりやすいビデオ(英語、約4分)

評価学のスペシャリスト・津崎たからさんをゲストにお迎えしソーシャルジャスティスと評価学の(深い)関係をテーマにした対話の録画。

対話の約束ごと

参加される方は必ずこちらをお読みの上、お守りくださいますようお願いします。秘密厳守は個人情報についてです。

ご了承いただける方のみご参加ください。

聴くだけOKです

過去のゲスト&テーマ

■2023年■

第6回:評価学のスペシャリスト・津崎たからさんをゲストにお迎えしソーシャルジャスティスと評価学の(深い)関係をテーマに対話しました。ウィコラのYouTubeで録画ビデオを公開中です!

■2022年■

第5回:1年の締めくくりとして、今年一年のソーシャルジャスティスへの思い・気づき・活動、来年度への抱負などをざっくばらんにお話しする会を開催。米国から助産師、小学校教師ソーシャルワーカーナースプラクティショナー、英国から睡眠カウンセラー、スウェーデンから大学生と、世代と国境を超えた熱い会となりました。

第4回 Toyda meets Shoko という特別勉強会にてウィコラ代表・米国NPの小谷祥子によるプレゼンテーション医療者とヘルスケアワーカーのためのソーシャル・ジャスティス、及び、日本の看護大学教員Toydaさんや参加者との対話。ウィコラのYouTubeでプレゼンテーション部分のみ公開中です!

第3回:日本のスーパー看護師!Ayaさん

第2回:ファリテーションのプロ!ひめくまさん

第1回:対話のプロ!つよぽん(鈴木剛)さん

寄付をお受けしています

お気持ち 程度のご寄付をこちらからお受けしています。

ウィコラの活動はご寄付により成り立っています。どうぞ応援よろしくお願いします。

*運営・活動費は、ズーム、グーグル・ワークスペース、PRチラシ・ハガキ印刷、情報冊子や特別イベント(2021年はピンクリボン月間イベント)などのプロジェクト費などに使用されます。