2021年12月11日


2021年12月11日

放射線科医 Satoko Foxさんによる「Pregnancy lossと向き合って 〜流産・子宮外妊娠〜」を開催しました。

お陰様で141名もの方にお申し込みいただき、無事終了いたしました。

ご協力・ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

イベントは終了しています

ウィコラのメンバーであるさとこさんが、ご自身の経験と医師としての知識から

「同じような経験をした人の何か役に立ちたい」

との想いで企画されたイベントです。

主なお話し内容(予定)

・経験談のシェア

・セーフアボーション(安全な中絶・流産)

・「あなたのせいではない」ということ

・グリーフケアについて

・パートナーとの関係性

・周囲の人の言葉がけ

Dr. Satoko Fox プロフィール

医師。専門は乳腺の画像診断。

留学をきっかけに渡米、国際結婚。

第1子を37歳で大きなトラブルなくアメリカで出産。


その後、第2子を望むも、流産・子宮外妊娠・流産と約3ヶ月おきに3人の赤ちゃんを失う。

それぞれ辛い経験であったが、3回目に赤ちゃんを亡くした後にはかなり落ち込み、しばらく何もできない状態に。


このイベントの企画には迷いがあったが、たくさんの応援に後押しされ、勇気を持って今回の開催に至る。


司会・パネリスト紹介

中山裕子


フリーアナウンサー

乳幼児睡眠コンサルタント

ねんね相談室SLEEPBABY


小谷祥子


ウィコラ創設者・代表

米国ナースプラクティショナー
(診療のできる看護師)

ピア・グリーフ・カウンセラー


Eriko Oba-Daniele


MSW

米国ホスピスソーシャルワーカー

グリーフカウンセラー


イベント概要

イベント名


「Pregnancy lossと向き合って 〜流産・子宮外妊娠〜」


開催日時


12/11(土) 

カリフォルニア時間 朝5:00-6:30

日本時間 22:00-23:30


会場


オンライン(Zoom)


お申し込み方法


本ページよりお申し込みください


その他


※後日録画配信あり

※ウェビナー形式で行うため、参加者さまのお顔やお名前は一般公開されません

ご不明点などございましたらお手数ですが wecolla@wecolla.org までお問い合わせください