Doula Training

ドゥーラ育成プログラム(仮称)

所信表明

妊娠・出産・産後の安心をサポートするドゥーラの良さ

全ての人に享受してほしい



10年以上、アメリカの日本語コミユニティの健康をサポートしてきたNPOウィコラは活動の原点に戻り、ドゥーラの効果をより広く発信しアクセスを拡大するために、コミュニティと協働でドゥーラ育成プログラム(仮称)を作成し、2025年に第1期の受講生を受け入れる方針です。

ウィコラはサンフランシスコ・ベイエリアの小さなドゥーラ・サービスから始まりました。

異国アメリカで、家族や親しい友人が近くにいない頼れるのはパートナーだけという孤独になりがちな環境で、外国語の英語不慣れな医療システムに対応しなければならない・・・そんな妊娠・出産・産後の不安を緩和したいという強い思いからの出発でした。


ドゥーラには出産ドゥーラと産後ドゥーラの二つがあります。


出産ドゥーラは妊娠中から産後直後を通しての情報提供、継続的なエモーショナル・サポート、お産時のポジションの工夫などの身体的サポート、代弁者として医療者との架け橋の役割、赤ちゃんとのボンディングのサポートをします。


産後ドゥーラは、特に親への移行期である新生児期が順調に進むように身の回りや赤ちゃんのケアをサポートをします。


特に、出産ドゥーラにお産に付き添ってもらうと、お産の満足度が上がる経膣分娩や自然分娩の確率が高くなる分娩時間が短縮する赤ちゃんのアプガースコア(新生児の状態を評価する指数)が低下しない、などの研究結果が報告されています。


現在アメリカにあるドゥーラ養成プログラムは、日本語コミュニティに合わせて考案されたものではありません。


さらに、数日間の講座を受講した新人ドゥーラは、シャドウイング(同行研修)もないまますぐにひとり立ちしなければならず、デブリーフ(振り返り)の機会もほとんどなく、ドゥーラになった後のサポート体制が希薄です。


ウィコラが考えるドゥーラ育成プログラム(仮称)の特長は、これらの点を改善し、日本語コミュニティの文化やニーズに寄り添いシャドウイングやデブリーフを提供するサポート体制が整っていることです。


講座の内容は、妊娠・出産・産後や赤ちゃんのケアはもちろん、将来の子育てに繋がるパートナーシップ周産期グリーフのサポートまで含める予定です。


長期的には、プログラム修了者、サービス利用者、講師陣、受け入れ先の医療機関などからアンケートやインタビューを通してフィードバックを得て、一人ひとりが望むお産や産後に寄り添うドゥーラ育成への改善努力を継続していきます。



ウィコラ代表・小谷祥子

アンケート&インタビュー(コミュニティの現状)

2024年5月開始

2024年内に結果まとめ

講座内容

2024年内に方針決定

2025年内に第1期生募集

チームメンバー

立ち上げメンバー

妊娠出産産後お役立ち情報冊子

Click here ⬆️ to donate

Your donation will help Wecolla achieve better community health. We'll be able to continue to provide high-quality health education and support services in our community. Thank you for your support 🙏🌿

息の長い活動ができるよう、どうぞ応援よろしくお願いいたします。

ご寄付くださる企業や財団グラントや助成金などのご紹介も頂けると助かります。

ウィコラのメーリングリスト

メーリングリストに入りたい方は ✉wecolla@wecolla.org にお知らせください。不定期のイベントなどのお知らせをお送りします。*ウィコラのイベントや教材はすべてソーシャル・ジャスティス視点を入れています。

ウィコラ紹介チラシのリンクです!

ウィコラの活動をぜひご紹介ください♪

Brochure in English available !

Please help spread the word♪